産経の提灯記事、再エネと原発

毎度の提灯記事だが、こんな記事で良いのかと、皆さんは何も思わないか。使いもしない再エネの電気に、12%もの割増料金を支払う。税金だから強制集金よ。補助金も併せて、いったいどれほどのカネがダブついているのか分からない。

要は再エネも原発も金になるということだ。この記事では既に地球温暖化の危機?は何も書かれない。気候変動だとか、言葉を代えてもウソの上塗りよ。太陽光パネルは中国製だとある。風力発電は、どこで作っているんだろう。

事業者のキャッシュフローは複雑にされて大本が分からなくされているという。外資が入っている。まるで植民地よ。日本のメディアは再エネ政策の闇を書かない。風力発電の低周波被害をなぜ伝えないのか、明らかにしようではないか。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->