環境運動会の人たち。石狩編

随分とたくさんの環境保護団体が名を連ねているではないか。なんか、おかしいな、と私は思っている。海外の風力反対運動と比べて、日本には、どこにも抗議運動もないし、被害者やその地域の人がまったく姿を見せない。どこでも隠ぺい工作が厳しく行われているんだろうと思う。

海外の抗議運動なら、必ず鳥たちの無残な被害を写真に収めて抗議しているでしょ。そして「風力発電を止めろ」とデモ行進しているでしょ。ところがこの連中と言ったら、「懸念される」なのだよ。御用運動よ。産廃の反対運動と同じで、産廃業者が反対運動を取り仕切っている、あのパターンが見えてくる。

だって風力被害の今がどこにもないでしょ。「予測」とまで書いて今の風力被害の地獄が否定されているのだ。私が由良町で、どれだけ酷い風力被害を見てきたか伝えても、彼らには伝わらない。実際、石狩にも風力被害者はいるらしいのだが、由良町の谷口さんではないが、知らん顔になっている。

「Stop wind turbines!」風力発電を止めろ、という声はどこにもない。つまりエセ運動会やね。風力発電の低周波被害を否定する御用学者を招いては、「一般の人は心配いりません」と繰り返している。持病のある特殊な人だけが被害を訴えるのだといっているのだ。どんなに上手いこと言ったって、やってることが真逆ではないか。

石狩の風力発電の勉強会の動画youtubeが消されていたね。あまりにあからさまに、「どうしたら風力発電を建設できるかみんなで考えてみましょう」という言葉に私も思わず笑ったよ。そういう集まりなのだ。全体主義として管理された出来レースではなく、今現在の風力被害の悲惨を訴えようやないか。

だからこれ以上風力発電は建設してはならない、という原則に立とうではないか。日本だけやで、お粗末な環境運動家を集めて、被害隠ぺいに凝り固まっているアホな有り様よ。由良町の風力発電21基を撤去してくれ。耳鳴りがして、目まいがして頭痛で苦しいのだ。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->