全国で、風力反対運動が起こっている。

やっと日本でも、風力発電の建設に反対する動きが出てきたようだ。しかしヨーロッパやアメリカの風力反対運動とは、どこか違うな、と感じないか。一度、インターネットで検索してみるがよい。「Stop wind turbine」、「 Kein windpark」、なんでもよい。キーワードを入力すると、どっさりと抗議運動が出てくることに驚かされる。英語やドイツ語が読めない人は、Googleなどの翻訳機能を使えばよい。

見出しだけでも、いったいなぜ、彼らは風力発電に反対しているのかが分かるというものだ。それで日本の運動と比較してみたらよい。随分と違うでしょ。日本でも、たくさんの風力被害者がいて苦しんでいる。しかし誰も見向きもしない。つまり日本の風力反対グループには根拠がない。なぜ反対運動しているのかも分からずに、もっと言えば、御用学者を招いて、風力被害を否定して、自然エネルギーを賛美して喜んでいるのだ。

しかも風力発電の低周波被害で苦しんでいる人には「私たちはもういいですから」と言わせて楽しんでいる。あたかも風力反対といいながら、じつは被害者の隠ぺいに加担して、行政と繋がっていることが分かる。由良町では、風力被害者たちは泣き叫んでいた。たぶん、各地の風力被害者も同じことだと思う。伊豆では、被害者たちはさっさと引っ越してしまった。「考える会」などというものが、いかに欺瞞に満ちたものだか関係者なら知っていることと思う。

A特性がどうしたとか、発電特性が悪いとか、被害者の声はどこにもない。後戻りのできない倫理の崩壊に至っていたのだ。風力被害者がたくさんいて、苦しみながら死んでいった。なんで誰も抗議しないんだろう? それは言ってはいけないからだと彼らは確信している。「関係ない」と思っているんだろう。彼らも加害者であることが分かるではないか。

自分だけよければよい。隣町でやってくれ、ってか。谷口さんは猿回しのサルにされて、あちこちで話のネタを振りまいたことと思う。環境運動が目的ではないのだ。風力殺人事件に巻き込まれたのだ。なぜ誰もこの被害システムに気が付かないのだろう。私一人にこの問題を押し付けないでくれ。由良町の風力発電21基を撤去してくれ。耳鳴り、頭痛がして苦しいのだ。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->