八方塞がりの理由

1/5日、6日と、産経の1面と2面を使った同じ内容の記事です。私の前ページにアップしたとおりです。再エネと原発、よっぽど「カネ」になるんやね。

いくらベッピンのジャーナリストが提灯記事を書いたって、再エネの技術革新なんかないよ。CO₂排出をゼロ0にするんだと言ったところで、本気ですか? 薪で風呂を焚いたらあかんのですか? と聞きたくなるよ。

原発なんて、止まっている方が国民は安心している。それを「八方塞がり」と表現するには無理があるだろう。大体、この文には被害者のことが何も書かれていない。フクシマの被害者はいないのか。風力発電の低周波被害者は関係ないのか。

1/5日のエネルギー記事と同じで、中身がないのだ。本当は電気でも何でもない。「カネ」だけなんでしょ。御用記事が二日も続くと、食傷気味になる。卑しさが透けて見えるのだ。

私はカネを払って新聞を購読しています。真面目な記事を書いてくださいな。「風力発電を止めろ」

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->