目クソ、鼻クソを笑うか。

今日12/25日の産経記事だが、Chinaの強制労働で「助けて」とある。Chinaでは、日本人も時々、スパイ容疑で拘束されているらしい。やはり怖い国なのだ。しかしそういう日本ではどうだろう。由良町だけでなく、それまでに伊豆や伊方などでたくさんの風力被害者を弾圧してきた。

田舎の年取ったオッサンやオバちゃんは、被害を訴えることもできないのだ。エライ人に叱りつけられて終わりよ。たまたま谷口さんは社交的なタイプだったので、あちこちの関係者に声をかけて回った。全国に風力被害者がいることが明らかになった。悲惨な目にあっている被害者がたくさんいた。

畑地区だけではなかったのだ。風車病に苦しんでいる、と声を上げるとどうなるか。ボロクソに人物破壊が行われる。2018.1/20日、1/22日のページにある谷口さんの録音を聞いてみよ。私もその場にいた。ひどい話やで。たくさんの被害者が苦しみながら亡くなったから、これは殺人事件なのだ。

私は経費をかけて、この惨劇を全国に、世界に伝えています。風力発電の被害を受けたら、「助けて」と訴えようや。風力被害者を弾圧して、黙らせるやり方は組織犯罪やで。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->