風力発電の低周波被害を訴えるということ。

私はh23年12月から、風力発電の被害者から依頼を受けて、由良町役場や風力業者(大阪ガス)、行政(和歌山県、環境省、消費者事故調)などに低周波被害を訴えてきました。

ちょうどその頃、東伊豆町、南伊豆町でも、ひどい風力公害にさらされている被害者たちが懸命に被害状況を訴えているところでした。

インターネットで検索してみると、たくさんの抗議のページがありました。

にわか環境運動家たちも、行政から仕入れた胡散臭い作り話を吹いていたものでした。ゴミにたかる蠅みたいでした。

r1年、あれからもう8年近くの年月が経った。

伊豆にはもう被害を訴える人はいない。伊方にもない。各地で、それぞれに被害の声を上げていた人たちも、いつの間にか消えてしまった。

私は闇雲に、あちこちのページに連絡しては由良町の風力被害を訴えていました。ほとんど空振りでしたけど。

今、「風力発電、低周波被害」と検索しても、私一人になっている。

私以外の欄は、すべて環境省の被害否定、風力業者のコマーシャルになっている。

わずかに環境運動家のページもあった。たぶん何も活動はしていないだろう。趣味のページみたいなものか。開店休業中みたいだ。賛成とも反対とも書いていないのが多い。

ヨーロッパ諸国やアメリカでは、Stop wind turbines! と言って、たくさんの抗議グループが活動している。

海外の抗議運動、反対運動を見ていくと、「なんで日本だけ、それがないのか」、と泣けてくる。

これだけ深刻な風力被害を受けて、谷口さんやたくさんの被害者が苦しみながら亡くなっているのに、私以外に誰も抗議しようとしないのだ。

怒ろうともしない。

被害がなんであるのか考えもしないのだ。

日本人は、なんてアホなんや。私はh24年当初から、そう思い続けている。

国が仕掛けたデマゴーグやプロパガンダに、人々は疑うことなく信じ込んでいた。

国連を使った地球温暖化防止など、少し考えればおかしいと分かるではないか。大体、風力発電がどれだけ発電して利用されたかという実績はない。

石油や石炭の使用が減ったということもない。年間5兆円を超えるという再エネ費用で、いったい何か良いことがあったか?

風は無限のエネルギーでタダだと言いながら、電気代が安くなったか?

違うだろう。すべて作り話でウソだったのだ。

日本人の、なんと操られやすい事よ。

 

我家のタブーをあえて書く。祖母方の大叔父は「あんな戦争で死ねるかよ」と言って堂々と兵役を拒否した。祖父方の親類では、4人とも軍人にして4人とも戦死した。軍医もいて、出世が出来るということだったが、結果は散々だった。その親の前では絶対に戦争の話はするな、という我家の掟があった。

毎年8/15日になると英霊という言葉を聞く。爆弾を抱えて自爆攻撃することが名誉なことなのか、今の私には分からない。青年ではなく年寄りが死ねばよかったのに。青年は騙しやすかったのだ。戦争小説『遺書配達人』にもそんな文があった。

それを74年経た今の世になっても、英雄だと、英霊だと、名誉の戦死だという。国の方針が間違っていただけよ。今も誰、疑うことなく軍神としてあがめる。

疑うことを知らないのだ。なんでその子は死なねばならなかったのか。それなら最初から「あんな戦争で死ねるかよ」と言っておけばよかったのだが、当人は、きっと「良いこと」だと信じていたのだ。

「お国のために」と。

国が扇動するプロパガンダはそれほどすさまじい。

この状況は日本独特の風土なのか。私は違うと思う。江戸時代までこんなやり方はなかったと思う。

 

というのも2月の議員選挙で、私は7年来、訴えてきた風力発電の低周波被害をいろんな話し方を工夫して訴えた。結果は、罵声を浴びて総スカンであった。

目の前で風力被害者たちが泣いて苦しんでいる。次々と被害を訴えて死んでいく。地域の人々や役場の人たちも知っている。なんせ私は29回も連続して定例議会で風力被害を訴え続けたのだから。いや、被害者たちはそれぞれ役場に訴えていた。

それを地域の人々は「関係ない」「知らない」「被害はない」として私を拒否した。

もともと被害者たちでさえ、h24年当初から私を拒否して「私たちは風力発電には反対ではありません」と私に反論していたのだから、根深い対立のような感情が出来上がっていた。

あの谷口さんでさえ、「被害はまた別の話や、あんた一人、何をヘンなこと言ってるの。おかしいで」と言って私との話を拒否していた。

谷口さんが私に風力被害を訴えて「助けてくれ」と何度も電話してきたのは、ほんの1~2ケ月のことだった。

その後は、それほど私が憎いのか、と私が腹を立てるほどに悪口を叩かれた。

真っ赤な顔して、眼に涙をためて「出ていけっ!」と怒鳴られたことも3度ほどあった。

それは被害に苦しんでいる何よりの言葉でした。

それが8/24日のページにアップしているように、石狩で風力被害の人たちと話をして「北海道の空気はきれいで素晴らしかった」と私に電話してきたのが最後だったと思います。

他の被害者たちも大体同じような感じで被害を訴えて亡くなっていきました。

それを地域の人も、役場の人も、みんな知っているのです。

地域の人々が、こんな被害にあっているのに、「聞いたことない」「関係ない」と言って笑いものにする。

なかには泣きながら私に掴みかかってきた被害者もいたのです。周囲から苛め抜かれたんでしょう。

態度を豹変した人もいました。

いったい私を何だと思っているのかと、本当に腹が立ちました。

私はただ親切心で低周波測定器を持っていって、測定しようと勧めただけでした。それが、その人は怒り狂っていました。

風力発電の低周波被害は強烈です。頭をやられますから普通の常態ではなくなります。医者から大量の睡眠薬を飲まされます。医者もたくさんの被害者を見ていますから知っているのです。なんせ目の前で21基の巨大な風車が回っているのですから。

汐見文隆医師が怒るはずです。

その上で、谷口さんは風力発電の低周波被害であることを医者に話して説明して聞いてもらった、というのです。

最後の頃は、「もう医者を代えようと思う」と私に愚痴を言っていました。「睡眠薬で薬漬けになっているんよ」と。

伊豆や下津町では、被害者の家族も自宅を捨てて引っ越した。奥さんや、旦那さんが、一人で避難することはなかった。

由良町では、それがなかった。家族の人は誰も風力被害、風車病を理解しなかった。とくに愛情がなかった、というわけではないだろうが、そこのヨメなどから厳しい言葉を投げつけられた。

谷口さんは一人暮らしだったので、わりと自由に大阪や東京の子供の家に避難した。それで最後まで生き延びたんだろう。

伊方でも同じで、悲惨な結果になっていた。

環境運動家にとっては、原発あり、風力ありで、何でもできる理想的な地域らしかった。しょせん行政の手先でした。

私はh23年12月の最初からヘンだと思っていました。

理由は何であれ、人が苦しんで泣いている。なんで助けないのだろう。やがて一人、二人と、被害者が亡くなっていく。

議員たちは何が面白くて手を叩いて笑っているのか。町長や職員たちは、なんで私を憎んで蔑むのか。

地域の人々は、なんで私を見ると逃げていくのか。私はまるで宙に浮いたような感じで、ここまで来てしまったということです。

それで全国的にも、私一人が風力発電の低周波被害を訴えている。もう誰もいない。

ところがヨーロッパやアメリカでは、普通に抗議運動を展開して、風力発電の建設は既に減少している。風力業者の方は、豊富な資金源を得て、風力発電、自然エネルギーのコマーシャルを大々的に繰り返している。

しかしもう、かつての事業拡大はなさそうだ。

地球温暖化ビジネスのカラクリが明らかにされてしまったからよ。とくにアメリカでは無理だろう。

カナダでも大変な反対運動になっている。

こんな大きな国、少ない人口の国でさえ、風力被害、効率の悪さが問題となって、たくさんの記事になっている。

これに比べれば、日本のような小さい国に、たくさんの人口を持つ国が、有害な風力発電を持ち込むこと自体が間違っている。日本国中、どこに行っても人が住んでいるのだ。

谷口さん宅のように、わずか700mの山の上に、風車群21基を林立させることは狂気でしかないだろう。

しかも狭い谷あいの集落なので、風力発電独特の特異なピークを持つ卓越した低周波音は、谷間に拘束されるように、へばりつく。反射波によって定在波となる。

しかも日本の新聞やテレビは、いっさい風力被害のあることは報道しない。むしろサブリミナル効果で、遠くの風景として白い風車が回っている様子を何度も繰り返している。

あるいはエンジニアが風車のメンテナンスに汗を流す場面をコマーシャルする。

国を挙げての風力推進、プロパガンダなのだ。

それに対して、田舎の風力被害者は、情報もなく、金もなく、低周波被害を訴える言葉さえない。

野鳥の会や「考える会」が、あたかも心配する風を装って被害者を隠ぺいする。管理して黙らせる。

「このことは言ってはならない」と。

「もし、業者に逆に訴えられたらどうする?」と脅される。

「気のせい。更年期障害ですよ」と励まされる。

役場は絶対に受け付けない。由良町の対応を見て十分に分かるだろう。一人で泣き叫ぶことになる。

環境運動家は何度でもその人を叩きのめしに来る。弱者となった被害者を虐待して虐め殺すのが面白いのだ。

被害者は、いずれ人間性を失いロボットのような薄っぺらな人になる。

h24年当初から、彼らはそう言って笑っていた。

私には彼らの笑いの意味が分からなかった。

全国で同じ地域対策が行われていたのだ。

靖国の英霊ではないが、誰も抗議する人はいない。地球温暖化、自然エネルギー、地域の人と一緒にがんばる、みんなウソなんだけど。

その悪意に反対して、風力被害を拒否する言葉を人々は持たない。

谷口さんが亡くなって、3年になる。すでに地域では誰も谷口さんのことは知らない。被害のことも分からない。

たぶん今も50人ほどの被害者がいて、お困りのことと思うが、誰もが「被害はない」とアホみたいに叫んでいる。アホに付ける薬はない。

JR紀伊由良駅近くにも風力被害者らしきものはいるが、本場の畑地区とは被害レベルが違う。

例えば、風車は止まっていても独特のピークを持った低周波を発して、頭痛や気持ちの悪い気分でいてもたってもいられなくなる。やはり風車に近いほど被害の苦しさは大きいことを聞いている。

それでも彼ら被害者は、私をボロクソに言って喜んでいる。たぶん全国で同じ有様になっている。あの伊豆でもな。

私は畑地区で懲りているので、窪田泰さんのように各地の風力被害地を調査して回るような奇特なことはできない。なんでも汐見先生の事業だとか言っていたが、その窪田さんでも伊豆へは行きたくない、とこぼしている。よっぽどひどい迫害を受けたんだろう。私も窪田さんの悪口をどっさり聞かされた記憶がある。

汐見先生 ⇒ 窪田さん ⇒ 私、へと、ヘンな系統が出来たと思っている。

先日、石狩の人から、汐見先生の本と私の本をたくさんの人に見てもらうために図書館に置いてもらうつもりだ、というメールをもらった。できれば窪田さんが体験してきた伊豆の風力被害のこと、低周波被害に苦しむ全国の被害者たちのデータを公開してもらいたい。

国が、行政が隠蔽してきた低周波公害の実態を明らかにしてほしいのだ。

日本では、汐見先生が低周波被害のことを明らかにして訴えたけれど、ほとんど誰も動かなかった。今もその状態は変わらない。

低周波音被害とは、周波数0~50Hzの領域で。空気振動、気圧変動を繰り返すことにより、内耳の器官が損傷して、さまざまな疾患に苦しむことである。

心臓の悪い人、胃の悪い人は、それが共振して苦しいと感じるらしい。

環境省のいう参照値や感覚閾値は、まったく風車病とは関係がない。

参照値より上だ、下だ、とか言っても意味がないのだ。

要は空気振動、気圧変動だから、被害成分が卓越すれば被害は起こりえる。

精神疾患のもの、とかいう原因も関係ない。

よく言われるように敏感者というのも違う。

私は米軍厚木基地の滑走路の真横で1年間生活したが、どうもなかったからだ。

ファントム戦闘機が2機、同時にエンジンを吹かすとすごいですよ。

ところが厚木基地から数キロメートル離れた住宅地に低周波被害に苦しむ人が多数いた。

自宅で寝ていると、知らぬ間に鼻血が出ていたという、話は何度か聞いたことがあった。低周波被害とは、そういう疾患なのだ。誰がなるか、どの地域に被害が出るか分からない。

風力発電の低周波音は0~20Hzの間で倍音、高調波が見られる。とくに1Hz周辺で音圧30dbもの激しい振動がある。対数表示だから1000倍のエネルギー変化である。これが被害の原因だと考えている。

しかし風の強い日には0~60Hzで全体的に70~80dbの高い音圧になる時がある。この時、周辺の家屋に「ドスンッ、ドスンッ」という叩きつけるような大きな音で被害者を怯えさせることになる。被害者の頭の中の出来事なので、誰も理解できないらしい。

あんな大きな音なのに、と被害者の方が不安な気持ちになって恐ろしくなるそうです。

そしていつかそのストレスが溜まっていって、脳溢血や心筋梗塞、ガンなどで亡くなっていく。

「黙らせる」ことが行政や議員の仕事なら、いったい誰が風力被害を訴えて解決を目指すのか。

由良町であったように、それほど被害者を虐待することが面白いのか。

それはもう社会やないで。人としてアホにされるだけよ。

ところが、私は2月の選挙で誰一人、私の話を聞いてはくれない現実を見た。人々は私を見て「アホよら」と言うのだ。

今も全く変わらない。

全国の海岸に200mもの高さの風力発電が建設されることになっている。

由良町だけでも恐ろしい事なのに、全国で被害者を虐待して喜ぶ姿を見るのかと思うとゾッとする。

由良町では、家族の者でさえ冷たい仕打ちをして被害者を苦しめて殺した。誰もが知らん顔して笑った。

何かヘン、おかしいと思わないか。

私はこれまでアメリカやカナダ、ヨーロッパ諸国の風力反対、風車を止めろ、という運動を紹介してきました。

被害があるから、皆で抗議するのは当りまえなのだ。

それが人間というものだろう。

ところが由良町では違った。「このことは言ってはならない」「みんなでがんばる」と。新興宗教のようにして、被害者を管理して黙らせた。2/7日のページにアップした録音の通りである。

由良町の人々は、この殺人劇を見て、聞いて、知っている。8/24日の録音でも、谷口さんが証言している。

ホロコースト、大量殺人が行われている。

人々が地球温暖化、自然エネルギーという言葉に慣らされているうちに、気付かないうちに、簡単に罠にはめられていたのだ。

法律まで作って、被害者を否定し、国民から別途、税金を集金する。使い道は自由で誰もチェックしない。

悪魔のような全体主義、ファシズムではないか。

国会議員で誰か一人でも再エネ賦課金の議論をしただろうか。

誰かが国会で風力被害を訴えただろうか。

誰もない。

年間5兆円を超える予算が、まるで闇の中に消えている。

私のホームページは、今ではたくさんの人が見てくれていると思う。ほとんどが行政、業者だと思うけれど、なかには地域の人々の暮らしや移り変わりに関心がある人もいるだろう。

情報もなく、言われるままに従うしかない地方の人々であっても、正確な情報をもって話ができる、判断することは必要な生きる知恵だと考える。

もしよかったら、人の苦しみを笑いものにする風力事業に反対しないか。

よこしまな人はどこにでもいるが、そんな連中が大威張りするような社会は排除しないか。変えていかないか。

普通に笑い合える豊かで楽しい社会を目指そうではないか。

由良町の風力発電を撤去してくれ。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->