風力発電に反対しましょう。

秋田県の海岸に計画されている風力発電がスタートするようです。秋田県には既にたくさんの風力発電が稼働していて、風力被害にあって苦しんでいる人たちがいるらしいのです。それでも添付記事のように「問題はない」と判断されています。

由良町の風力被害もそうですが、被害者が必死になって苦しさを訴えても笑いものにして殺されます。嫌なら引っ越して逃げ出せばよい、という方針です。私の場合、かなり暴力的な弾圧が行われました。しかしまだボロクソに虐待されて死んでいった被害がいます。動物にされていました。誰も助けてはくれませんでした。

地域の人たちは、むしろ加害者側に立って、「関係ない」と差別したのです。由良町では、今は、私以外には誰一人として風力被害を言葉にする人はいません。弾圧と洗脳です。地域を支配する方法があったようです。秋田県でもそれは同じで、風力被害を否定する御用学者を招いて心理コントロールが行われてきたようでした。

「納得してもらう」「黙らせる」ことが行われてきたと思います。常にスパイ、工作員がいて、反対派は反対されるように仕組まれています。原発の時と同じです。被害に苦しむ者を弾圧して黙らせる。嬉々として虐待する。笑いものにして排除する。すでに日常的になっていることと思います。

そしてその人が死んだら面白いのです。御坊市周辺の風力発電でも、私以外には誰も反対する人はいません。この退廃は何なんやろ。道徳が貶められると、その社会は終わりやで。鬼の住む国や。由良町の風力発電を止めてくれ。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->