風力発電に反対しましょう。

昨日のインターネットのニュースに秋田県の風力計画がありました。あまりに酷いので、誰も反対する人はいないのか、と老婆心ながら記載します。和歌山の御坊市周辺にも同じ風力計画があって、他所のことにまで言う謂れはないんですけどね。

秋田県でもすでに、たくさんの風力被害者が苦しんでいると聞きます。しかし和歌山もそうですが、誰も「風力発電を止めろ」とは言わないですね。被害者が引っ越して、逃げ出しても、苦しみながら死んでも、笑いものにして喜んでいるだけです。

風力発電を建設するたびに、強烈な低周波音被害で被害に苦しむ人たちがいる。そんなことはh.20年の伊豆の風力被害から、何でも分かっていたことでした。汐見文隆医師も、たくさんの被害事例を報告書にまとめています。そして風力発電を建設してはならないと警告しています。

考える会や野鳥の会、日弁連、NPOなどの環境運動家は、あたかも風力被害を心配する風を装って、地域対策を請け負っています。風力発電と「考える会」はセットになっています。これは日本独特の風力事業です。被害者に対する弾圧と隠ぺいです。一度でも、「風力発電を止めろ」と抗議したことがありますか?

じつは、私に対して「風力発電を止めろ」なんて言ってはならないと怒鳴りに来る人がいます。風力事業の手先ですね。本人は地球温暖化とか、地球の環境を守るのだ、とか信じているらしいのですが、それは言い訳にもならない。オウム真理教みたいなカルトなんです。

風力発電は宗教です。マルキシズムやナチズムと同じです。教義や法律を作って、被害者を無視、排除します。環境省の報告書には、被害者を「精神疾患のもの」と明記しています。

これまで、たくさんの人が私に「風力発電を止めろと言ってはならない」としつこく言ってきました。その理由を聞くと、これがすべて幼稚園児並みの子供だましなのです。町の発展、とか、自然エネルギー、とか、ドイツでは・、とか、お話にならない言葉をエラそうに聞かされました。洗脳、マインドコントロール、心理コントロールだと分かります。人が苦しみながら死んでいるのに、なんで手を叩いて笑うのか。その異常な反応が分からないのです。

風力被害者も、有害な低周波音で頭をやられ、薬漬けにされ、周囲から虐待されますから、とうに人としての自尊心も意識もありません。『夜と霧』フランクル著にあるとおりです。汐見医師が、由良町の医師に対して「キサマに医師の資格はない。医者なんか辞めてしまえ」と怒った理由がやっと分かりました。医者もグルでした。利権があるからね。

風力発電は低周波音被害だけではなく、社会を破壊します。「何でもできる社会」にするつもりです。被害者、弱者の排除です。トンデモナイ政策です。参院選でも、誰も再エネには触れないでしょ。みなさんリスクに敏感なんですよ。私の場合は総スカンでした。

海外では、普通に「風力発電を止めろ」と抗議しています。私たちも正気に返って、ダマされていることに気が付きましょう。反対する会には、必ずスパイや工作員がいます。悪党は、準備万端で待ち構えているのです。

由良町の風力発電を止めてくれ。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->