新聞は、風力発電の被害を伝えない。不正の横行よ。

日本の新聞は、しょせん大本営発表でしかないということか。ジャーナリストたちも風力発電の被害がいかに凄まじいものかを伝える人は誰もいない。巨額の事業資金が動くし、少数のヘンな被害者相手に貴重な時間を潰す暇はない。

数年前の私の記事も引っ張り出しました。風力発電の被害は、言ってはならないということが分かります。アメリカやヨーロッパでは、とうに「風力発電を止めろ」と抗議運動があちこちで起こっていて、新聞やニュースでも報道しています。

日本には報道の自由がないし、反対運動しないように、いろんな仕掛けが張り巡らされています。私が驚いたのは、谷口さんたちのように苦しみを訴えて亡くなった被害者を笑いものにして、被害を否定していることでした。

役場、行政、議員、環境運動家、地域の人々、が同じ受け売りの言葉で風力被害を否定するのです。ファシズム、社会の崩壊としか思えません。人が苦しみながら死んでいく。被害者はみな同じ低周波音の苦しみを訴えました。

原因は分かっているのに、なぜそれを否定して「関係ない」とバカにして笑うのですか?少数の被害者を「いじめ」の対象にしてエラぶって、何が面白いのでしょう。自称被害者も、多少は低周波音被害のことが分かるなら、重症になって引っ越して逃げる人や、亡くなっていく人の気持ちにもなってください。

山口県には他にもたくさんの風力被害者たちが苦しんでいると聞いています。それを「関係ない」と言って運動したところで御用運動の足元を見られるだけでしょう。風力発電の低周波音被害は、水俣病と同じ仕組みです。

環境省や行政は、絶対に被害を認めることはない。粛清と同じで、生贄のヒツジにして見せしめにしているのだ。由良町の風力発電だけでも止めてくれ。

 

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->