小林先生からの応援です。

ノルマンディへの上陸作戦のニュースがたくさん出ています。イデオロギー対、イデオロギーの戦争ですが、戦ったのは個人の英雄たちです。風力発電の低周波被害でも、海外ではたくさんの研究論文があって、抗議運動、反対運動がたくさんあります。日本だけはそれがない。

日本では、情報が遮断されて、御用学者たちによる被害の否定が毎年行われています。御用運動家による被害者の隠ぺい、自称被害者による被害の容認、ここまで来ると国家犯罪であることが分かります。社会が壊されています。

しょせんは金儲けのダシなのに、被害者を虐待して追放したり、見殺しにしてきたのです。由良町では、それがあまりに凄まじかった。被害者たちの死に際の断末魔はいったい何だったのか。

以下、小林先生からです。

低周波音被害を明に否定するなど、とんでもない話です。環境省は、これまで私が紹介した諸外国の対応と比べてみるべきです。知らないはずはなく頬かむりしてやり過ごそうとしているのでしょう。
(皆さんご存知のですが)念のためもう一度お知らせします。まだまだありますが、きりがないので今回はこれぐらいにしておきます。とくにSpectatorの記事は、オーストラリアでは裁判所が循環器系に害があると判定したという報道ですから、これさえ無視するとは!

小林

Subject: 由良守生

低周波音被害のことは、これは国家犯罪であると思います。検索してみると、環境省と経産省の被害否定のページが目につきます。以前は、環境運動家のごまかしのページがたくさんありました。
今は、「被害は認めない」という金看板を盾にして、被害者を弾圧する姿勢を明確にしています。かなり厳しい局面です。ファシズムですね。

私は、日本の風力被害者は、海外の被害者と同じように健康に生活する権利があるんだということに気が付くべきだし、行政に管理されて囚人か奴隷のように扱われることを断固拒否すべきであろうと考えています。なんで私一人なんでしょうね。
被害者にとって、死ぬより怖いことがあるなんて、苦しみに這いつくばって暮らすなんて、私には理解のできないことでした。

カナダとオーストラリアの研究

スウェーデンの低周波音研究

デンマーク邦訳

ドイツの論調?Windpark (1)

Spectator翻訳

 

 

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->