加害者「田鎖順太 松井利仁」、異様な新聞記事

低周波空気振動被害者の会からの意見論文です。よくぞ言ってくれました。今、風力発電の低周波音被害を正確に訴えるのは窪田さんくらいでしょう。まったくのブルーオーシャン、誰もいない青い海。なぜ、これだけの被害を出しながら誰も被害の実態を論じないのか。「関係ない」と逃げるのか。

私は、国策による暗示がかけられていると思います。地球温暖化、CO₂削減、自然エネルギー、パリ協定、たくさんのキーワードがあふれています。催眠術みたいなものです。被害対策、弾圧ですね、それはすごいことになっています。社会が破壊されています。

以下、窪田さんからです。

特定非営利活動法人 低周波空気振動被害者の会 窪田泰 です。

 

 

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->