今年の再エネ賦課金は3.6兆円か。

窪田さんからの情報ですが、産経新聞の記事とほとんど同じです。原発再稼働、再エネ推進、リテラシーと書きながらもそれほどの意味はない。そもそもエネルギー問題で、電気のことで、二者択一という考え方がおかしいと思わないか。再エネとのバランスが重要だ、なんて誰の発想よ。

全国で激しい環境問題になっているメガソーラーや、風力発電の殺人的な低周波被害には何の視点もない。これっておかしいやん。福島での汚染水垂れ流し、被ばく被害の隠ぺい、は誰でも知っている。いつ解決するんよ。私は由良町の風力発電を止めてくれ、撤去してくれと主張していますが、この7年間、被害の隠ぺいと弾圧は全国に伝わったと思っている。

これだけ被害者を虐め倒して黙らせれば、そりゃ有名になるわな。添付記事は、低周波被害で家にいられずに、真冬でも家の外を徘徊する被害者たちが死んでいった一つの原因です。精神科医の樺沢紫苑著。やはり夜、寝室で寝られないで薬漬けにしたところで、生きた人間を隠すことはできません。私は許せへんで。

以下、窪田さんからです。

特定非営利活動法人 低周波空気振動被害者の会 窪田泰 です。

「脱原発」は世界の流れに逆行する

「メディアリテラシーとはメデイアを安易に信用しないことである」の項で始まる石川和男氏のReportは脱原発は世界の流れではない現実を教えてくれる。

世界の大半は「脱原発」ではなく「原発推進」原発輸出に熱心なロシア原子力技術が空洞化した英国2022年までの「脱原発」を決めたドイツだが・・・

 

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->