和歌山の風力説明会。おかしいぞ!

風力発電の低周波被害を受けて苦しみぬいた人の声がない。たぶんそれを伝え聞いた人、環境運動家に乗せられた人たちの説明会です。私は全国の風力反対運動から迫害されているので、何のシガラミもありません。風力発電を建設してみれば分かります。

これは事実です。というより、風力発電の被害を受けなければ実態は分からないのです。その時にはもう人間性をなくしていて、「被害はない」という受け売りの言葉を繰り返すことになる。転送されてきたものですが、よかったら参考に見てみるがよい。

由良町でも同じ説明会があって、日高町との間に予定されていた風車建設は中止になりました。いろんなチャンネルがあったことを付け加えておきます。以下、転送ファイルです。

和歌山の会場のようです


風力説明会20190213

風力説明会20190214

風力説明20190215

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->