おかしいぞ! 由利本庄市の風力計画

秋田県の由利本庄市から窮状を訴える資料が届いた。たまたまではあるが、前ページにおいて、窪田泰さんからのメールで、伊豆で、汐見先生たちが被害者からの依頼で風力被害に関わりながら、弾圧、追放される経緯を記載した。すべて事実です。私も由良町で体験したことと同じです。

ですから、ここは皆さん、冷静に事の成り行きと、起きている被害の大きさ、これからの風力被害について、国民的な議論にまで高めていく絶好の機会ではないかと思いました。既に環境運動家たちがすべてを取り仕切っていると感じています。

あたかも被害を心配しながら、結論は被害を隠ぺいして、被害者を叩き出し、あるいは黙らせて、アセスを経て、スムーズに風力建設を推進するという構図が見られます。

窪田さんは当事者ですから、「ヘンな被害者」とか表現していますが、時間を経て、関わりのない?私から見ると、彼らだって駒として利用されているだけの小悪党、小悪魔でしかないことが分かります。彼らは環境活動に賛同して認められることが嬉しくてならないのです。

何とか委員、何とか代表とか、ワッペンを付けてもらって喜んでいるのです。タダのアホよ。ただ、私が由利本庄市の件で気になるのは、「考える会」という名称でした。被害があって苦しんでいるなら、考えるも何も、「やめろ!」と怒りをあらわにすべきではないか。

何が「考える」や、と思うわけです。この辺から風力被害を隠ぺいする言葉のマジックがあるのです。策略ですね。山田征さんが言うように、人を集めるための方便だ、とするなら、あまりにも目的が露骨ではないか。反対する! 止めろ! 人権蹂躙だ! 風力発電は悪魔だ! とはっきり訴えるのが本当ではないか。

この事件は由利本荘市だけの出来事ではありません。全国の心ある皆さん、被害者を弾圧して苦しめ、優越感に浸って喜ぶ環境運動家を拒否して糾弾しましょう。風力発電の被害とは、低周波被害、環境破壊のことですが、本質は、人権蹂躙です。マルキシズムやナチズムと同じです。「ドイツでは・」と彼らは言うでしょう。

粛清、大量虐殺が理想なんです。はっきりとお断りしましょう。

風車による健康被害聞き取り調査

 

由利本荘市沖養生風力発電事業計画に関する要望書

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->