上坂冬子の「生体解剖」について

なぜ私がしつこくこの本を紹介することになったのか、それは上坂冬子が私と同じ感性をもって、非人道的な行為とは何か、具体的に書いて見せてくれたからである。風力発電の低周波被害でも、まったく同じ悪の構造がある。

構造汚辱、構造汚職の根源には、まさに戦慄すべき怖さがある。人道を踏み外して、崩れた組織社会が露わになっているではないか。考えてもみろよ。世界中で風力発電の低周波被害は明らかになって、大規模な反対運動があちこちで起こっている。

人口の少ない、情報の少ない、抵抗の少ない地方の田舎町に風車は建設されるので、反対する人、反対できる人はほとんどいない。もし低周波被害者となったとしても、行政、医師、弁護士、政治、環境運動家たちによる、あらかじめ被害否定と被害者の弾圧が予定されている。

区長や人権委員、有力者なども計略をもって被害者を弾圧した。環境省は、被害者に対して、「精神疾患のもの」とまで書いている。もう10年も前のこと、最初の頃、伊豆半島の風力被害はどうだったのか?たくさんの被害者が自宅を捨てて逃げ出したではないか。補償はない。

当時、詳細な被害調査をして、風力発電の低周波公害を訴えていた知識人たちは、すでに誰もいない。追い出されたのだ。自称被害者たちが「私たちは風力発電には反対ではありません。私たちは風力発電の建設に協力していきます」と宣言していたのだ。

そりゃ、被害に苦しむ人たちはアホらしくなって逃げ出すわな。それでも東伊豆町の役場に電話すると「被害はありません」という。なんでやろ?野鳥の会や日弁連、考える会などの環境運動家たちは勝ち誇っている。「被害は確認されていない」と。

そして風力被害地域がツーリングコースやドライブコースになっていることに大変な満足と成功のシンボルにしている。各地の風力被害地で「風力発電には反対ではありません」と言葉の強制をする。実は畑地区の谷口さんからも、何度もそんな腐った言葉を聞かされたのだ。

「それはまた別の話よ」と。被害の苦しさを別の話だというのだ。被害者が次々と死んでいく中で、よくもそんな言葉が言えたものよ。谷口さんは畑地区の家を離れ、東京や大阪の子供たちの家を転々としていた。たまに帰ってきては、家にいられないといって、由良駅の近くや、日高町の海岸などで朝までじっと我慢していた。

「アイちゃんに家の中に入って休むように何度も言ったんよ」と木村のオバチャンは証言している。H30.12月議会では、これまで風力被害を訴えて、私にも励ましの電話を何度もしてきた人が、急に手のひらを反して「風力発電には反対していない」と言って私に対する抗議を由良町役場に2度もしてきた。

由良町議会の山名議長は怒りの声を荒げて、「個人名は出すな」「被害はない」と何度も叫びに来た。小心で内気な私は、内心、びくびくと震えていた。私は低周波被害者だからね。これほどまでに風力発電の被害者が、他の被害者に対して敵意を向ける、被害を否定する心境とはいったい何なのか。

汐見文隆医師の時も何度もあった。私も、何度も体験してきた。風力発電の低周波被害を受けて苦しんだのではなかったのか。だから汐見先生にまで助けを求めたのではなかったのか。谷口さんの家を訪ねた時、「出ていけっ!」と叫ばれた時、どれほどの決心かと見極めようとした。二の句を継げないほど、切羽詰まった拒否だった。

私とは縁を切る。そんな嫌悪の拒否だった。しかし3度ほど同じ言葉を聞くことになったから、私を拒否しながらも、何を拒否しているのか自分でも分からなくなっていたんだろう。「猿回しのサルにされている」そう表現して同情した人もいた。環境運動家たちにおだてられて、全国の風力計画地などへ出かけていた。

私にはほとんど環境運動家たちとの交流は知らせなかった。石狩へ行った時くらいか。帰ってきて「よかった、よかった」とよろこんでいた。そしてすぐに死亡した。私の書く文面は、だから矛盾だらけです。被害者たちは何重にも取り囲まれて、いいように弄ばれて踊らされます。

少なくとも、風力被害を訴えて、非常な苦しみに苦しみながら、ここまで被害者を追い込む心理作戦とは、弾圧とは、何事であろうかと思うのです。「生体解剖」の解説では、実験の形は儀式としてで、これは全く死刑執行であったと論じている。

自分たちの行為を、個人の問題として裁かずに、戦争が悪いのだ、だから反戦だ、と題目を唱えるのは、日本の反戦運動のひ弱さの原因だと断じている。本文中でも、昭和の平和な時代になってさえ、生体解剖を主催した教授や将校をたたえて評価する場面が多々出てくる。そして隠ぺいして口封じを画策する。

悪の根源としか言いようがない。だから私は、つたないながらも、なんと言われようが『風力発電の被害』を書いて世に問うたのだ。すべて本当にあったことばかりを書き並べた。風力被害を告発、糾弾する気になったのだ。風力の低周波が苦しいと言って苦しみながら亡くなった人たちがいます。

それを何で笑いものにして被害を否定するのか。権力を嵩に来た弾圧が面白いのか。私が風力の低周波被害を議会で訴えると、なんで「根拠のないデマ、風聞、作り話を禁止する」と大きな声で命令するのか。恥を知れ。

 

 

 

 

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->