大阪万博は、やはりババをつかまされたんやで。

ヘドロとゴミを埋め立てて出来た人工島に、台風や高潮が押し寄せたらどうなるか、地震が来て揺すったらどんなふうになるのか、結果は分かっているではないか。どうも大阪は埋め立て地に対する人気は盛り上がらない。「梅田」という地名は、「埋めた」という経緯を言葉にしたものらしい。バカにした意味が込められている。

景気対策といっても建設業界だけでしょう。政治ゲームもあるか。一般市民はIRカジノの誘致に否定的だ。金よりも大切なものがあるということだ。空騒ぎする前に、サラッと軽く流す手もあるでしょう。維新の会はとうに賞味期限が過ぎている。新しい枠組みが期待されていると感じている。

大阪、神戸、京都、奈良、と落ち着いた風情を誇る国際都市を目指せばよいではないか。既に国際観光都市としての地位は確立されている。IRなどといったバクチ場を作る必要はない。わざわざ問題を作って、マフィアやヤクザをはびこらせることもないだろう。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->