なぜ被害情報を伝えないのか。

何度でも書く。全国で風力発電の低周波被害に遭って、悲惨な経験に泣いている被害者は多い。平家さんは、平生町で風力被害に苦しんでいる大田さんを訪ねて「被害の状況と対応」について随分と議論を戦わせた。被害者同士が何を言っても前には進まない。大田さんは病気で苦しんでいる。畑地区の谷口さんと同じ病気です。

何か関連があるかもしれない。苦しくてたまらない、という言葉を何度も聞いた。私はこの本を読んで、谷口さんとまるで同じやな、と思いました。由良町では、被害者に対して散々な悪態をついて弾圧しました。インターネット、youtubeにアップしている通りです。平家さんはまだボロカスに言われて虐待されないだけマシなのだ。

だから生きて引っ越して逃げられたのだ。さもなければ谷口さんたちのように殺されている。問題は、なぜこんな悲惨な公害が全国で引き起こされているのに、メディアは伝えないのか、ということに尽きる。迫害して追い出せば、地域の人は面白いのか。

風力発電が大事なのか、被害者を排除することが必要なのか、この電気は何に使うのか? 誰も答えることはない。いや妙な屁理屈を受け売りの論理を繰り返す。ナチズムやマルキシズム、オーム真理教と同じなんやで。何が大切なのか、真実なのか、よく考えてください。「人」でしょう。

一人一人の人が、その生活が一番大事なことを理解してください。電気でも再エネでもありません。もう一つの記事は「安岡マルシェ」で風力発電の反対運動をアピールしたことです。うらやましい限りです。由良町にも「ふれあいまつり」などという町主催のイベントがあります。

徹底的な被害者弾圧を行っています。被害者を罵ることが面白いのです。これほどの差は、どうして起こるのか。地元レベルの差、住民劣化のシンボルなのか、と泣けてくる。汐見先生の「優しさを取り戻そう」という言葉が懐かしい。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->