何も考えない。戦略がまるっきりない。

福島の放射能汚染水放流は「仕方ない」のか。こんな結果は初めから分かっていたことでしょう。だったら初めから知らん顔して、どこでもやっているように放流していればよかったのだ。

こんなに大量に溜め込んで、多額の費用を掛けて放射能被害を演出する必要もなかっただろうに。日頃、原発反対とか言っている環境運動家は、すっかり麻痺していることも明らかになった。しょせん環境運動家などは「何も考えない」愛好家の集まりであった。

風力発電の低周波被害でも、全国に「考える会」などという笑えない冗談がある。関西人、大阪人がよく言う「考えときますワ」というフレーズよ。東京人には分からないニュアンスかもしれない。まったく悪い冗談よ。

人が、強烈な低周波被害を受けて苦しみながら死んでいくのに「まぁ、考えてみましょう」と笑っているのだ。とてもとても。私にはついていけない。

野鳥の会や日弁連など、様々な環境運動家があるけれど、大体は環境省などに繋がっている。受け売りの言葉でそれが分かる。(私は元設計コンサルタントやからね。敏感よ)。彼らは「御用運動家」が実態でした。被害の否定と、被害者の弾圧よ。

和歌山の地方紙には、風力発電の低周波被害は一切出てこない。この冷酷さは何や。同じように福島の放射能被ばくによる健康被害、死亡記事は一切ない。これって「忖度」なのか?

社会の生贄として、人々が犠牲者を必要としているのか。下見て暮らせ、と。由良町議会では、私の一般質問に対して、「つまらんことばかり言っている」ヘッ!と吐き捨てて笑う議員がいました。

人が、被害を受けて苦しみながら死んでいる。その動画が、録音が、見ようと思えばいつでも見られる。しかしその議員にとっては「つまらん」質問でしかないのだ。もちろん町長答弁に迎合してのこともある。正義感や倫理観など、何のことかも分からない。

さて、汚染水放流は、社会を深い諦めへと導く悪党のマインドコントロール、洗脳です。私たちは簡単にコントロールされています。

「ちょっと待て、それはアカンで」と怒りましょう。もうとっくに被害があるんや。これからも延々と汚染水を放流し続けるんか。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->