風車は回らない。

今年の夏は特に暑いので冷房に使う電気がたくさん要ったことと思います。夜になっても30℃でした。添付記事に書いてあることは初めから分かっていたことでした。しかも太陽光の電気はとても価格が高いのです。補助金漬けです。日本は金持ちだからね。

「蓄電池の開発には時間がかかる」と書いてあります。来年も再来年も、無理なようです。風力発電のことは一切書いてありません。都合の悪いことは書かないのか? 夏は風がないからね。風車が回っている時は、貴重な電気を使って回しているんでしょ。

揚水発電は、お山のてっぺんに大きなダムを作って、水をくみ上げなければなりません。大工事です。当然、電気代も高くなります。これも再エネか。ヘンなイデオロギーに振り回されるのは、いい加減にやめませんか。石炭を焚いたらいいじゃないですか。

 

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->