リニア新幹線なんかいらない。

リニアって、電気の塊が走るような電車でしょう。今の「のぞみ」とかいう新幹線で十分早くて便利なのではないでしょうか。ジェット機の空の便もあるしね。

添付記事には7つの理由を挙げていますが、どれ一つをとっても大変な問題であることが分かります。不肖私は土木科を卒業して土木関係の仕事をしてきました。鉄道の専門家ではありませんが、一応の知識はかじったつもりです。

電気科を卒業して、大手企業で働いてきた人が言うには、「中国の上海ではとうにリニア新幹線が走っている。日本は技術的に遅れてもいないのに、なぜ早く工事にかからないのか。世界から置いてけぼりを食うだけだ」というのです。

(あれはドイツの技術でしょう。日本のリニアとは仕組みが違うみたいだけど)と私が言うと、「違うことはない。電気の力で車体を浮かして走らせている。なぁ~んにも知らないんだな」と主張するのです。

私がこれ以外に心配するのは高速での事故、そしてもう一つ原発が必要になるのではないか、ということです。計画停電を実施したことも忘れて、もう有り余る電気の使い道を探している。風力発電が何本建ったら、この電車が走らせられるのか。

まさかデンマークの鉄道みたいに風力発電だけで鉄道が動かせる、なんて嘘はつかないでしょう。前ページに記載した原発稼働と風力発電は、こんなところで問題を見せてくれる。

地球温暖化など仮の題目でしかないことは明々白々よ。腐った作り話はもうやめようぜ。早く風力発電を止めてくれ。低周波被害者が苦しんでいる。

 

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->