風力ファシズムに抗う。

全国にはすでに、風力発電計画を中止に追い込んだケース、反対運動がたくさんあります。
不思議なのは、誰もその事績を記録して公開しないのです。野鳥の会や「考える会」などの環境運動家によって、散々に隠蔽されて捻じ曲げられました。

被害を免れた人たちは、「もうゴメン」とこの問題には顔をそむけます。由良町の残された被害者たちは、誰が助けてくれるのか。
被害地域では、由良町では、「閉鎖性」と「排他性」で完全に閉じ込められています。

なんせ汐見先生を追っ払ったからね。よくも口汚い言葉で罵ったものよ。私は神かと思った。
被害者たちは、外部の人に対しても、地域の人に対しても、真逆のメッセージを伝えて、本音を隠します。

由良町では、伊豆や伊方と同じ「私たちは風力発電には反対ではありません」と返事することになっていました。
そして死んでいきました。それほどショックだったんです。何度も騙されて、弾圧されました。

周囲の人々との関係を良好に保つためなら、自分の気持ちを偽るのが日本人です。笑顔で本音を隠します。
そのようにマニュアルの通りに貶められるのです。

風力発電の計画を止められた地域は、情報があり、公害に敏感な人が助けを求めて協力したことでした。
もちろんどこでも裏切り者はいて、地球温暖化、再エネを主張して、行政の手先になる人はいました。地域活性化?、とか。

「風力発電、低周波」と検索すると、被害を否定するページがどっさり出てきます。すべて税金です。
公の税金を使って、再エネ促進賦課金を使って、被害者を否定して、弾圧しているのです。

こんな腐ったファシズムは止めてくれ。風車は東京のど真ん中に作ればよい。

 

 

 

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->