無責任な提灯持ちの記事はやめてくれ

2018.1/30日のページにも、「あのちゃんマンガ」と比較して、ひどい記事だと指摘しました。

原発と再エネを推進するための宣伝記事でした。産経新聞の正論もレベルが落ちたものと書きました。
元々、産経新聞は風力発電推進で、被害の訴えなど絶対に受け付けない偏執がありました。

かといってこのような被害隠ぺいを当然の義務とする記事には吐き気がします。この新聞は、私がお金を出してまでして買っているものです。
ファシズムの広告なんぞに関心はないのです。

トランプ大統領なら「フェイクニュースだ!」と断言するでしょう。鼻にもひっかけないか。メディアの罪は大きいぞ。

この記事の何が問題なのか、よく考えてみてください。地球温暖化と言いながら、本当に大切なことは何もない。
被害に苦しむ人がいることも関心がないのだ。福島でも、風力でも、被害者はリスクか?

いくら問題をすり替えても、幼稚な表現にしても、ペテンは明らかだ。
「落とし穴は何か」って? この添付記事よ。それくらいは分かってるって。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->