再エネの被害者たち

ついにニュースになりました。私も反対する人がいるんだろうなと思っていました。
そして、やはりここでも役場や地域の人を使っての被害者への弾圧がありました。

アレッ、「風力発電の被害」と同じ部分がある。被害を受けて、苦しむ側に問題があるんです。こんなウソが堂々とまかり通っていることでしょう。

前ページに、バイオマス発電の記事を紹介したけれど、再エネの目的は何だったのか、と誰も疑問を持たないことに驚かないか。

「太陽光発電のおかげで、原発ゼロでもやっていけるんや」と堂々と受け売りの言葉を開陳して自慢している人がいます。再エネ・ファシズムの惨禍やね。

元々、再エネの受け売りの言葉を自分の言葉のようにして偉ぶる人は「何も考えない人」でした。
貧困な人といってよい。被害に苦しむ人を迫害して、嫌がらせをして、それがうれしいのでした。

こんな卑劣な感情を国民意識にまで高めて、「苦情を呈するものは精神疾患のもの」とまで断じる環境省は大したものでした。由良町の被害もすごいんですよ。

下記に山本節子女史の記事を紹介します。汐見文隆医師のように被害地域から追われたそうです。名誉の勲章やね。

これからは、「なんのために」という議論をしようではないか。そして被害の解消をしたいのです。施設の撤去しかない。

 

山本節子/WONDERFUL WORLD

メガソーラーの健康被害

 

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->