平成25年9月議会の発言要旨の報告

平成25年9月議会の私の発言要旨を報告させていただきます。

質疑 ①

先日、29日でしたが、1500kwの風車の近くに住む人と、小1時間ほど話しました。

住民がいるんだから、何かあれば、役場が何とかするだろう。でなければ、役場の意味がない。由良町は、そうなっていないのか。

私は、平成23年度からのいきさつを説明しました。

「由良町の方が、だいぶ田舎やなぁ」 と笑われました。

また、ある人からは、民度が低いんだよ。といわれたこともありました。

他所の人に、言われたくない言葉です。

自分たちも被害がありながら、少しでも、その被害に対応してくれた広川町役場に感謝というか、誇りさえ抱いている風です。

西広地区では、10数人の人と風力発電の話しをしました。例外はあるものの、ほとんどの人は、

「ゴーッ、ゴーッ、と鳴ってら。」

「ブン、ブン、言うて、回ってら」

顔をしかめて嫌な顔をしました。

私が、山の向こう、南側の門前でみかんを作っている、被害を受けて苦しんでいる、というと、皆さん、まじめに話をしてくれました。

共通の話題として、意見が一致していると思いました。

もちろん、由良町の方が、被害状況は格段に悪いです。

彼らは、被害内容が分かるだけに、自分たちよりも、まだ悪い地域があるんだと、真剣に、私の話を聞いてくれました。

日高町の状況は、先にお話したとおりです。

広川町についても、既に、先進の被害地として、風力発電の周辺地域の人々は、嫌悪感を抱いていました。

さて、由良町の風力発電の被害です。

たまに通りかかったり、1日、視察に行ったりするだけでは、本当の被害を体験することはできません。

当事者意識のない傍観者、となって責任のない判断をされそうです。

年寄りや百姓は、1日、24時間、風力発電の近くで過ごしています。

「理解されない苦しみ」、「解決のメドのない被害」、「いわれない悲惨な被害」、たくさんの人が苦しんでいます。

ウィンドタービン・シンドローム、風車病となって、苦しんでいます。

私は、デタラメを言っているのではありません。

この被害を見逃すことが出来ないんです。

正義感、人としての道を外したくはない。

今日、由良町は野蛮な町として認識されています。

間違ったことは、間違いとして、正していく。そういう考えはありませんか。

過去には、水俣病やアスベスト公害など、散々な公害を見てきました。

関係ない、といいますか。

答弁を、お願いします。

質疑 ②

おそらく、9月の県議会でも、この由良町の風力発電の被害が取り上げられます。

私が、平成23年12月議会から一生懸命に訴えてきたことが、放置できない問題であると認識が広まったものです。

公害の町として、全国に発信されます。

被害者が苦しい、と訴えています。

加害者は知らない、関係ない、と知らぬ顔です。

人権無視の事業です。

周辺地域の人々は、当に、この低周波音被害の実態に気が付いています。

由良町が、当事者として、何もしない、ということは恥ずかしいことです。

既に、和歌山県の公害として、事態は動いています。

由良町が、行政が、できることが、何かあるはずです。

知恵を絞って、低周波音被害に苦しんでいる人々を、助けることを考えませんか。

私は、切に願っています。

 

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->