なぜ風力に反対するのか

金儲けと保身のために風力事業に加担する卑劣な議員や職員がいます。
ゴマの蠅の環境運動家がいます。環境運動、という名前も汚れて地に落ちたものです。

ウソ八百の受け売りの言葉で被害者をだまして行政の太鼓持ちをしていました。

前ページでは、山田大邦先生が直接、風力発電が発する有害な、卓越した低周波を測定して、危険領域にあることを確認しています。
これまで汐見文隆先生や、小林芳正先生が主張してきたとおりです。

既に、行政は低周波被害を隠ぺいしてきた事実が明らかにされています。私の被害者救済の訴えを弾圧してきたことで明らかです。
その間、たくさんの低周波被害者が苦しみぬいて死亡しました。

殺人劇でした。被害地域では、区長をはじめ、人権委員や元校長先生が、地域の人々が被害者を苛めの対象にして黙らせてきました。
私の住む門前地区でも何度もやられてきました。ひどい有様です。

私は、このような非人道的な事業が続くはずはないと信じています。
目の前で被害者が助けを求めて訴えているのに、それを笑い物にして拒否してきた議員や職員たち、町長らには、償いが必要だと思います。

亡くなった被害者たちの怨念は消えませんけど。

新聞やテレビでは、風力発電の有害な低周波被害の惨禍は決して報道されません。この事実も問題の深刻さを深めています。

 

 

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->