全国で風力発電反対の声が上がっている

私は草莽崛起という言葉が好きです。幕末の吉田松陰が出てくるドラマには、必ず熱い思いを持って語られます。
我家には由良守應という志士がいたのでなおさらです。

風力発電の低周波被害では、これまで全国でたくさんの被害者が辛酸をなめて迫害されてきました。
由良町や伊方町では、被害者は苦しみながに次々に亡くなりました。

汐見文隆医師は、被害地域に赴き、被害者たちの苦しみを聞いて被害解決に力を尽くされました。たくさんの研究資料、著書を残しました。
そして加害者に加担する医師や行政に立ち向かいました。「キサマに医師の資格はない! 医者なんか辞めてしまえ!」と怒鳴ったものでした。

今、インターネットで「風力発電被害」と検索すると、なんと風力発電のコマーシャルと、被害を否定するページがあふれかえっています。
あたかも風車被害を心配するページもあって、問題をうやむやにする無責任なページも多々見られます。

なかでも環境省が毎年のように作成している低周波被害を否定する報告書の数々は、水俣病の焼き直しです。人のすることではありません。
消費者庁の事故等原因調査や、総務省の公害調査、県の担当課などに抗議しても、それはあらかじめ被害者の抗議をブロックして弾圧するために待ち構えていました。

用意周到でした。これほど確信的に風車被害者を弾圧して、風車建設を推進する行政も異常です。
わずかばかりの電気と、地域の人々の平穏な暮らしと、どちらが大事なのか明らかでしょう。何が再生エネよ。

真実は一つです。風力発電事業は詐欺事業です。悪行です。
私たちは政治的に無知であるだけでなく、政治に無関心です。私は町長がまるで幇間(タイコもち)のように風力業者に振る舞っているのを何度も見ました。
官尊民卑とはいうけれど、実際はとうに破たんしています。

是非、全国の堅物を自負する人、骨のある人、風力発電の悪行に反対してください。
ただの環境問題ではありません。被害者にとっては、暴行傷害、そして殺人事件になっています。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->