原発は止めても、風力は止められない?

この言葉もあちこちで聞かされた暴力だ。環境運動家には、原発推進と反原発とか言う人たちがいて、なんで彼らが一致協力して風力発電に狂っているのか、それが分からない。元原発作業員もいるようだ。原発に関係する人は皆おかしいでしょ。

社会的な地位とか、職業に関係なく、「一度立てられた風力は止められない」と言うんだから、その人の狂気、信念の汚さがよく分かるのだ。カルトだよ。フリーエネルギーと言ってみたり、大型蓄電池があると主張したり、専門家でもないのにエライ勢いだよ。つまり権力の末端に繋がって、嵩にかかって偉ぶっている。

何もそんなに偉そうにしなくとも、十分にその酷さは分かっているのにさ。原発と再エネはコインの裏表だ。最初からの作戦じゃないか。どちらもいらない。大体の人はそう思うんじゃないか。山々の樹木を剥ぎ取って、太陽パネルを敷き詰める。とても環境政策とは思えんわな。巨大な風力発電は有害な低周波音を発して人を苦しめる。

私がこのページで訴えていることだ。原発なんてさ、今の原発の町がどんなものか見れば分かるだろ。補助金漬けで、放射能に怯えるだけのことよ。そんな町住みたいか。「Stop wind turbines !」海外では普通に「風力発電を止めろ」と言って抗議デモしているのに、日本には一つもない。

各地の自称、反対運動では、「風車は止められない」と主張する。これでそれらの人が何者であるのか分かるだろうが。h24年に我家に来てくれたジャーナリストたちは、そう言って「考える会」と称する人たちが、いったい何者であるのかそれを知ることが先決でしょ、と伝えている。第三者から見れば彼らの目的は明らかなのだ。

被害がある。だったら「止めろ」しかないはずなのだ。それを「考える」と言うんだからおかしな人たちだと思わないか。日本人が世間話をしていて、「考えときます」と言ったら、それは棚上げを意味する。言葉のすり替えだ。ぼやかしだよ。ここに日本の自称、風力反対運動の欺瞞がある。初めから嘘八百であった。

地域対策の一環だったんだよ。知っていたけど。h18年の伊豆の風力被害に関わった環境運動家たちが今もシツコク各地でのさばっている。あの時、日本で初めて風力被害を訴えた「被害報告書」は全国に情報を伝えてきた。被害に抗議するとたちまちのうちに踏みつぶされたこともな。

以前は添付のマンガの様にして、風力被害に嫌悪を見せる人がいた。裁判までして戦った人もいる。風力発電は頭をやられるから大変なことだっただろう。なんで日本には、「風車を止めろ」と抗議する人がいないんだろうか。今では私一人が抗議の声を上げている。もう誰も私の話を受け付ける人なんかいない。

笑いもの、嫌悪、蔑視、嘲笑の的よな。言っとくが、アホな被害者たちが死んでいく有様を私は見たのだよ。彼らはそれが面白いと言って手を叩いて笑って踊って見せた。エライものを見てしまったよ。私だけがそれを見たわけじゃない。家族や周囲の人たちも知っている。それを取り巻いた環境運動家の面々も見ている。

なんで誰も黙っているんだろうね。風力発電の低周波で耳鳴りがして目まいがする。ミカン採りをするのにとても体がしんどい。正直に言って谷口さんらの様にヒステリックになることもある。その捌け口がこのページなのか。同じことを谷口さんは各地に出かけて行って風力被害を伝えて来たのか。誰も反応する人はいなかったけどな。

アホにされるだけよ。その言葉をどっさりと聞いてきた。これが日本人と言うものだったのだ。水俣でも福島でもそうだからな。被害者はゴミでしかない。だからこそよ。貴重な天然記念物となって、何が悪いのか、何が間違っているのかを伝えている。今のところ誰も理解できないようだ。

「低周波音」と言う言葉さえ禁句、タブーとされている。管理社会。ファシズムの支配する言論統制。思想統一。北朝鮮や中国を笑えない。被害地域になると、かくも厳重な支配体制が敷かれるのだ。水俣を参考にしてそう思ったよ。ヒツジにされるんやで。それでよいのか。これからが始まりよ。私は違うからね。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->