風力発電の方程式

私が風力発電の被害に関わるのは、h23年11月末からだが、伊豆や伊方などでは、h18年から散々な被害に襲われていた。低周波被害、そして弾圧だ。最初はいったい何が起こったのかさえ分からなかっただろう。ところが環境省の調査報告書を見ていくと、初めから仕組まれた罠であることが分かっている。地域対策、被害者つぶしとして、先取りして理論的な根拠を提供していたのだ。

多分、ドイツなどの先進地と連携してのことだっただろう。アメリカも、ニーナビアポントの書いている通りに、各地で被害者が苦しんでいたのだ。政治ショーとして、民主党も自民党もない。ましてや共産党や公明党でもない。誰か再生エネで反対した政治家がいたか? 行政は、経産省、環境省など全くのフリーパスで、推進一色だった。地方を元気にする風力発電。とかスローガンを繰り返していた。

伊豆や伊方の風力被害の歴史を振り返ると、ずいぶんと歴史を重ねてきたものよ。誰も被害者を助けることはなかった。巧妙な罠が被害者を襲う。厳しく被害を否定するものがいれば、そっと優しい声で語りかけてくる合いの手がいた。原発関係者がいた。福島の原発事故で見たように、原発関係者はヘンな人が多いでしょ。職業病みたいなものだよ。反原発と言ったって、それはペテンだと言うことを見たものさ。

私の元上司が高浜原発の建設課長で、私もそんな仕事をしたから見えた風景かもしれない。原発の代わりに再生エネ。脱炭素として原発利用。まったく新しい小型モジュールとしての原発の開発。頭のこんがらがる様なヘンテコな理屈よな。環境運動家はそんな理論を平気で吹聴する。私は企業でコンサルしていたのですぐにそのウソが分かったよ。地域対策の酷さもな。

添付したtwitter記事のように、中国企業が増えている。韓国系もあるから、もやは日本は食い物にされていた。太陽光だけではない。前ページに書いたように、風力建設も、とうとうここまで来たか、と残念でならない。twitterはガセが多い。面白おかしければそれでよい。私は情報を見るためと、自分の発信のためにやっている。見ての通り理解する者はほとんどいない。肝心の由良町なんかすごいで。

私のページを見たら目かつぶれると信じているのだ。私をあざ笑う人々の嬉しそうなことよ。風力発電は精神を破壊する。人々は、ここまで狂い、転落するのだ。東伊豆町や南伊豆町でも同じことになっている。試しに電話したらよい。由良町役場なんか、そんな電話の問い合わせは一つもありませんってさ。中国企業だから、アメリカの会社だから、という話も酷い結末だ。

各地の被害地では、必ず被害者たちが苦しめられている。すぐに死んでしまう人がいることを見て来ただろう。それを見て、なんで笑って喜ぶのか。風力裁判とは何なのか。ウクライナの戦争を見て、石油、石炭、ガスの高騰が伝えられる。たぶん風力や太陽光は役には立っていない。イデオロギーのウソだったのだ。それを見ても日本人には何のことか分からない。それが私には残念でならない。

なんで日本人はこんなにアホなのかと。風力発電の方程式を書いてみよう。たくさんのファクターや変数が用意されていた。すべてが作り話で、詐欺だ思っている。被害者だけがワリヲ食う。戦争と同じで、誰も反対できないようにされていた。自称、反対運動が、そもそも建設のためのファクターだった。被害者も、加害者も、割り振られた役割を演じている。人は、弾圧されると人間性を無くしていく。

動物になるのだ。由良町でも、被害者たちは「私たちは風力発電には反対ではありません」と言っていた。そして死んでいった。環境運動家や人々は笑って喜んださ。この段階に来ても、人々には被害の意味が分からない。私の抗議は無視されてきた。それでもな、風力発電は詐欺やで。由良町だけでなく、各地の被害地で、被害にあった人は苦しみながら死んだ。

正義感を取り戻そうやないか。人の道があるやろ。電気やない。カネやない。人として自由に生きようやないか。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク
-->