月別アーカイブ: 2022年9月

こんな所に住みたいか

この光景を見たら、もはや自然エネルギーだの脱炭素などのスローガンがいかに空しい幻想であるか分かるだろう。そして自称、反対運動の人々が言う「土砂崩れが心配です」という意味も、その目的が明らかに見えるでしょう。エセなんだよ。 … 続きを読む

カテゴリー: 新着情報 | こんな所に住みたいか はコメントを受け付けていません

人間のフリ

コロナ前、我が家には海外からたくさんの学生が遊びに来てくれた。インバウンド、とかいう時代の要請でもあったんだろう。最初の学生はノルウェイからで、JR由良駅で初めて会った時、何語を話しているんだろうと不安に駆られたものだよ … 続きを読む

カテゴリー: 新着情報 | 人間のフリ はコメントを受け付けていません

教職にもいろいろ

私は最初、数学教師になろうと思っていた。数字の計算さえできれば、その手順を覚えていればいいから簡単だと誤解していたのだ。妹が数学科卒で数学教師だったから安易に考えていた。それは後日のことだけど。ところが数学講座で微分・積 … 続きを読む

カテゴリー: 新着情報 | 教職にもいろいろ はコメントを受け付けていません

怪しい奴

産経新聞が個人を名指しして批判している。異様な記事よな。それにしても日本の政府はこんなにも脆いものなのか。ボロクソよな。あの戦争の時もスパイにやられてコテンパンだった。我家には当時の配布物に「スパイに注意」と書き散らした … 続きを読む

カテゴリー: 新着情報 | 怪しい奴 はコメントを受け付けていません

不可視化するエセ運動の目的

「可視化されない」と「不可視化されている」とは違うらしい。そこに意図をはらむのだ。各地の自称、風力反対運動を見ると、御用学者に御用運動家、いつもの悪魔が同じ言葉を振りまいている。どの地域にも熱心な環境運動家がいるんだから … 続きを読む

カテゴリー: 新着情報 | 不可視化するエセ運動の目的 はコメントを受け付けていません

これが人間か。

ナチスドイツのホロコーストはいろんな本やメディアによって世界中に伝えられた。フランクルやフロムの本は、とても有名でしょ。写真はなくとも、被害者や加害者の精神性がこれでもかと書いてある。現実にあったことだから、人間の本質を … 続きを読む

カテゴリー: 新着情報 | これが人間か。 はコメントを受け付けていません

神坂次郎さんが亡くなられたらしい

ずいぶんと懐かしい名前を聞くことになった。まだ生きていたんや、と言ったら怒られるか。神坂さんは私の勤める建設会社の工事事務所の所長さんだった。何度か我が家に由良守應の取材に来てくれて話したことがある。その本を読んだけど、 … 続きを読む

カテゴリー: 新着情報 | 神坂次郎さんが亡くなられたらしい はコメントを受け付けていません

原点に返ってみる。

ニーナピアポントの『Wind turbine Syndrome』はh19 年だから、汐見文隆医師の『左脳受容説』と同じ時期になる。わりと読みやすい英語で書かれているけど、辞書を片手に睨めっこしなければ私には読めなかった。 … 続きを読む

カテゴリー: 新着情報 | 原点に返ってみる。 はコメントを受け付けていません

日本だけ、風力発電被害がない、わけないよな

「Protest wind farm」、「Stop wind turbines」、何でもいいけど、適当な風力反対の言葉を入力して検索して見なよ。ここでまず、君がどんな立場でこのページを見ているのか、それが分かれ目になって … 続きを読む

カテゴリー: 新着情報 | 日本だけ、風力発電被害がない、わけないよな はコメントを受け付けていません

SDGs、って何?

サステナビリティ、持続可能な、とかさ、なんだか観念的な掴みどころのない言葉が流行っている。その時々で自由に暴れまわるから正体の悪いことよな。前ページに書いた渡辺正さんの本を見ると、真逆であることに戸惑い、何が本当なんやと … 続きを読む

カテゴリー: 新着情報 | SDGs、って何? はコメントを受け付けていません