月別アーカイブ: 2020年1月

温暖化対策は原発と再エネと繰り返す産経新聞

ウソは繰り返しているうちに、本当にそれらしく見えてくるか。モンブランの氷河が溶けて「地球が滅ぶ」とまで書いてある。日本は情報を遮断して、大本営発表のウソを繰り返す。国を挙げての政策だから、誰も反対しないように仕組まれてい … 続きを読む

カテゴリー: 新着情報 | 温暖化対策は原発と再エネと繰り返す産経新聞 はコメントを受け付けていません。

風力発電の低周波被害を訴える。

h23年11月末に、谷口さんから風力被害の話があって、もう8年も経った。被害の苦しみを振り返りながら、たくさんの事件があったことを残念に思っている。 低周波公害を世に知らしめた汐見文隆医師が2016年に亡くなり、続いて前 … 続きを読む

カテゴリー: 新着情報 | 風力発電の低周波被害を訴える。 はコメントを受け付けていません。

デラシネ(根無し草)とは厳しい言葉だ。

かつて「地球市民です」という政治家が多くいた。拉致被害があるのに、不法占拠や恫喝されても、何も言わない、何もしないことが政治や行政の判断だった。今もそうだけどさ。いつの間にか日本も住みにくい国になった。アラスカなんかに行 … 続きを読む

カテゴリー: 新着情報 | デラシネ(根無し草)とは厳しい言葉だ。 はコメントを受け付けていません。

早川典生先生ご逝去

私はまったく知りませんでした。何をどう言ってよいか分かりません。とても痛手です。なんせえらい世話になりましたんです。迷惑も散々かけたし怒られもした。よくもこんなバカに最後まで付き合っていただけたものよ、と感謝の言葉しかあ … 続きを読む

カテゴリー: 新着情報 | 早川典生先生ご逝去 はコメントを受け付けていません。

温暖化ビジネスの終焉

支援者からの情報です。以前にも記事として何度か紹介してきました。地球温暖化は、すでに「気候変動」と名を変えています。天気が変わるのは当りまえなのにね。私が子供の頃、50年前は、今よりもっと凄い台風があったし大雨が降ってい … 続きを読む

カテゴリー: 新着情報 | 温暖化ビジネスの終焉 はコメントを受け付けていません。

国の政策で低周波被害の否定をゴリ押しする。

これだけ全国で風力被害に苦しんでいるというのに、由利本荘の協議会はすごいやないか。低周波被害だと言っているのに、常に「風車騒音」と言葉が変えられている。また、「健康に被害を及ぼす知見は確認できない」、と繰り返す。実際、各 … 続きを読む

カテゴリー: 新着情報 | 国の政策で低周波被害の否定をゴリ押しする。 はコメントを受け付けていません。

権力によって、風力被害は否定されている。

由良町で、風力被害を訴えた私は、役場や風力業者が、個別に低周波測定してくれることになりました(h24年)。畑地区の谷口さんも同じようにして、日本気象協会が測定して、風力被害を否定されています。国道を走る車の音だというので … 続きを読む

カテゴリー: 新着情報 | 権力によって、風力被害は否定されている。 はコメントを受け付けていません。

かつてあった記事

もう8年も前になるが、風力被害を受けて懸命に抗議した人がいた。すぐに地域対策が始まって、被害者たちは幾重にも取り囲まれてしまう。行政や政治、環境運動家たち、まさかと思う人までが、刺客となって襲ってきた。「人というものがよ … 続きを読む

カテゴリー: 新着情報 | かつてあった記事 はコメントを受け付けていません。

八方塞がりの理由

1/5日、6日と、産経の1面と2面を使った同じ内容の記事です。私の前ページにアップしたとおりです。再エネと原発、よっぽど「カネ」になるんやね。 いくらベッピンのジャーナリストが提灯記事を書いたって、再エネの技術革新なんか … 続きを読む

カテゴリー: 新着情報 | 八方塞がりの理由 はコメントを受け付けていません。

産経のエネルギー記事

産経の主張は常に原発と再エネにある。どちらも火力発電なしでは動かないし、カネが稼げるからよ。「再エネに対する期待は大きい」と書くシツコさはどうだ。環境破壊と健康被害は一切触れない。利用状況の中身は秘密だ。だって風力なんか … 続きを読む

カテゴリー: 新着情報 | 産経のエネルギー記事 はコメントを受け付けていません。